快感度はいつもの5倍!!夢セックスに挑戦しよう




人間は現実の世界で存在しています。その世界の出来事を見てそして計画して行動しています。地面に足をつけて生活をしています。現実の世界には限界があることも痛感する。

しかし、夢の中では何でもできます。限りはないし完全に自由な世界です。かなり昔から、僕は夢のセックスの可能性を知っていました。

当時の彼女は美人な黒人でした。平日彼女は家族と住んでいたが、週末は必ず僕と同棲していました。ある夜一緒に寝ていつものように深い眠りにつきました。その時(多分明け方 3 時ぐらいだった)素晴らしい夢を見ていました。

彼女が上手いフェラチオをしている夢でした。 しかし、段々現実に感じて目を開けると彼女がフェラチオを頑張ってしていたのでした。

僕が「上にくる?」と言うと、彼女は「あそこが乾いてるのでこのままの方が良いの。よく眠って、良い夢を見てね」

そして僕は半分眠って半分起きた状態で数分後に逝っちゃったのでした。しかし、いつもの射精より素晴らしく気持ち良かった。 いつもなら射精は 5-10 秒で終わります。 しかし、多分眠っていたからか射精は一分以上続いた感じでした。

精子が一杯に溢れそして爆発、そしてまた一杯になり爆発を繰り返しました。兎に角、最高のオーガズムでした。

これを上手くやるには、先ず彼女が寝ている時や半分寝ている状態で自分のペニスにローションをたっぷり付けます。(彼女は眠っているのであそこが乾いているはず)。

彼女を上に(貴方は下、彼女が上で体を平行になります)。 ゆっくりと優しく挿入して下さい。彼女に「今寝ているよ、夢だよ」と言って下さい。貴方も半分寝ている状態で構いません。

ピストンスピード(ヒップの上下)は多少上がっても構いませんがあくまでもスローセックスのやり方です。無意志と意識の流れの中で今まで体験したことのない快楽だと思います。 意外に簡単で楽しいです。

注意点
夢セックスをすると気持ちが段々良くなります。最初は慣れていないので少し力を入れがちですが、理由は貴方の体が半分寝ている間にセックスに慣れてくるのです。

ローションは直ぐに手の届く場所に置いておきましょう。そうしないと女性に取っては乾きが辛いです。すると寝る(又は半分寝る)状態が維持できなくなります。

大事なのは、彼女に「これから夢が見られるように深く寝て良いんだよ」を繰り返し言いながら、自分としては寝ているまたは半分寝ている状態を維持するようにして下さい。



このページの先頭へ