処女の女の子とセックスするなら前戯は2倍の時間必要




身体的多様性も重要だが、多様性の最高の形はセックスマスターによる心理的多様性です。貴方はベッドの中では色々な個性をみせ、セックスで強くなることを制限してはなりません。

セックスマスターとしてどう具体化できるかの例として汚いことばと感情的言葉を一緒にさせることです。他の多くの恋人たちは、どちらかだけ一方にかたよるが、貴方は両方使いこなさなくてはなりません。

ある瞬間から次の瞬間まで彼女を貴方の専用の売女と呼んでみるとか、何よりも君が必要だと言ってみましょう。心理的には、容易に想像できてしまうことは「飽きること」の根源です。

彼女に、心理的刺激の幅の全てを様々な方法で与え、彼女に予想させないことが彼女に貴方を愛させるこつです。ベッドの外でも彼女と心理的接触をはかりましょう。

何時間か前に貴方がたが触れ合っていれば、彼女は貴方の身体にもっと心地よい気分になるでしょう。

しかし、貴方が控えめに彼女の服を脱がせようとすると彼女は気持ちよくは感じないでしょう。たとえ結果としてセックスに終わったとしても、セックスはそれほどよくなく、彼女に相性がある可能性は減るでしょう。

前戯も最初は重要です。セックスをしたことのない女性にはいつもやる女性よりも2倍は時間をかけましょう。これで、彼女の没頭ぶりの低さを補填し、彼女を性的な接触へ慣らしていきましょう。

セックスは支配的で感情的ですにも関わらず、最初の何回かは、技術にも長けていなければなりません。不安と恐怖をとりのぞけば、セックスはずっと良いものになります。



このページの先頭へ