紳士的に女の子を触る方法



日本人男性のパートナー(彼氏や旦那など)がいる女性からよく聞く日本人男性の評判は、日本人男性はムードの作り方をよく理解していないということです。

普通に話していると思ったら、突然、ディープキスをしようとしたりすると言うのです。戦略的に、女性をナンパする上で触ることは大事です。全く女性に触っていないことを「0」とするとセックスが「100」にあたります。

女性はレースカーと違い、3 秒で 0 から 100 までジャンプしません。男性は瞬間湯沸し器のようなところがあります。1分くらいでもうセックスしようとするところがあります。

女性は鍋のようなところがあります。女性と時間をたっぷり一緒に過ごし、女性のことをよく温めて、充分に熱くなるとこんどは長い間女性は熱い状態が続きます。

基本的に貴方がする必要があることは、まずはあたかも偶然のように女性の腕に触ることから始めます。貴方がテーブルに行く時に、女性が座るのを手伝ってあげます。女性が変わっていない限り、その女性は貴方が女性の腕に触ることを気にしないでしょう。

カフェかディナーまたはカラオケの席で女性に話している時に女性の手を軽く触ってみて下さい。もしくは女性が良い時計をしていたら、その時計のことを褒めながら女性の手を触るようにしましょう。

ここでキーとなることは女性に触っていることです。さりげなく、自然に触ることが大事です。この時点では、さらりとした感じで触るようにしましょう。毎回、女性に触る時は、最後に触った時に比べあまり長く触る必要はないし、もっとぎゅっと触る必要もありません。

ポイントは、貴方が女性に触ることを慣れさせるためです。ここでとても大事なことは、いつ触るのをやめるかを知ることです。今回が 2 回目のデートでカラオケに行ったとしましょう。

貴方はこれまでにその女性の手や腕を軽く触ったことはあります。そして貴方がその女性の手を握ろうとしたところ、女性は拒否しようとしました。どうすれば良いでしょうか?

まず今行おうとしていることはとりあえず止めた方が良いでしょう。貴方がジェントルマンですってことを見せてあげましょう。5 分くらい経ったら、もう一度その女性の手を触ろうとして下さい。でも手を握ろうとはしないで下さい。

それで2~3分くらい経ったら今度は手を握ろうとしてみて下さい。 多くの場合、女性は「簡単に許す」ように見られたくないものです。

ですので、最初は男性が何かしようとすると、とりあえず拒否しようとしてみせます。それはいたって普通のことです。

でも、AV とは違って、女性は意思と反対のことをしてもらいたいとは思っていないものです。でもゆっくりと事を進めるようにして下さい。そして貴方が接触を終えるようにします。

例えば女性が貴方に手を握らせたとしましょう。数秒、女性の手を握って、握るのをやめます。女性の同意のもとで全てを行いますが、貴方が常にコントロールをしています。その内、今度は女性が貴方の手を握りたくなります。そうすれば女性の方がもっと先に進みたくなっているわけです。

勿論、ある程度一緒に時間を過ごした後は、そろそろキスをしても良いかなと思うでしょう。貴方はジェントルマンでいる必要がありますが、相手に謝る必要はありません。


このページの先頭へ