支配的なSEXをするための4つのテクニック



彼女がドアを背にして立っている時、彼女を掴んでドアに押し付けます。自分を彼女に強く押し付けることです。但し、本当に痛くないように押し付けることです。

加えてドアの音が大きくなるようにします。これは支配の要素を与えるためです。 壁のほうがドアよりも痛いので、音は少ないが代替になります。

2番目は、着ているものをひきちぎることです。彼女の下着ならベストです。

もし彼女が古いパンティを履いていることに気づいたら、引き裂きやすいように手に巻き付け、ベッドの上で強く下着を引き裂いてみましょう。

想像以上に力がいるので、確実に力をいれることです。引き裂く時は、彼女のお尻やオマンコのデリケートな部分ではなく、お尻側に力が加わるように注意しましょう。

これもドアを閉めた音のように、余計な痛みを伴わずに支配の印象を与えることができます。支配を成立させるのに効果的な他の方法は、髪を引っ張ることです。

彼女の頭のどこでも好きなところを出来るだけ根元を掴んで引っ張る事です。これは彼女の首筋にキスする時など後ろにいる時にも使えます。

これはまた彼女とやりながら彼女に自分を見せたい時にも使えます。 彼女の髪を掴んで自分を見させることは、支配と感情を同時に詰め込めます。最後に、お尻を叩く事も彼女を支配するのに良い方法です。

もし二人がエッチを始めたら、彼女の顔を自分の下にして組みしき、下着をおろしてください。それから彼女を膝上に持ち上げ裸のお尻を強く叩いてください。筋肉と脂肪のクッションがあるため、痛くなり過ぎずにかなりのお仕置きになります。

上手くすれば痛まず、音だけ大きくドラマチックです。お仕置きと一緒に言葉攻めをするとより強力になります。

これらにより貴方は自然に支配的な男性を表現でき今までにない自然な方法で彼女を支配でき、事実、彼女たちはそうして欲しいものなのです。彼女に「悪い子だ、悪い子はお仕置きだ」と言いながら叩いてください。彼女がそれに気持ち良さそうなら、更に切り込んで言いましょう。
「お前は悪い尻軽女め、一日中やることばっかり考えているだろ?ほら、お前のあそこを見てみろよ、ぐちょぐちょだぜ、そんな風俗女は お仕置きだ!」

彼女を何度か叩き、その後彼女の服を脱がせて休ませたら、深く激しいファックをしましょう。これらは女性を支配するいくつかの方法の例です。まだたくさんあります。

彼女をベッドに放り投げ、両腕を後ろに動かないようして彼女とエッチしましょう。貴方がやりたいポジションのままで彼女を扱えるので効果的があります。

想像してみて下さい。もしこれまで貴方がベッドで彼女を支配したことがなければ、これらのテクニックは良いスタートになるはずです。だからもし支配的な心にしたいなら、次の4つは自分自身に対し禁止しないことです。


このページの先頭へ