快楽の世界に連れて行くための9つのアドバイス



男性は女性の心と体を共に導く必要があります。オーガズムでは女性に現在の快楽だけを感じさせるだけで良いです。考えること、意識することはむしろ邪魔になります。 彼女に、貴方は信頼でき、尊敬できるように思わせることが大切です。

A. まずは、彼女が貴方と居るとほっとできるように感じさせましょう。同時にそうすると彼女の心と体を共にリードできます。

B. 彼女が傷つきやすい時期でも貴方を信頼していることが大事です。

C. 女性は我を忘れることに不安と恐怖を感じます。でも、想像を超える深い快楽のために我を忘れることが大事です。

D. 彼女が我を忘れることが難しいタイプには次のような話が効果あります。
「ハニー、一緒にいる時間は本当に特別な時間ですよ。君と深く結びついているのは本当に最高ですよ。もっと深くつながって一つになりたいから不安にならないで今のこの気持ち良いことだけを感じてみてね。僕も完全に君を愛しているし、信頼しているから一つになれるのですよ。」
E. 前の話の対象は、まじめなつき合いだけの相手にすることです。

この言い方は深い関係を作るために必要なことなので、一回限りのナンパや軽いセックスフレンドには言う必要ありません。

F. 女性は深いオーガズムを感じさせるために他の余計な事を考えさせないことが大事です。

女性は今の気持ちよさだけに集中するべきです。オーガズムの前戯と言っても良いです。

G. 言葉責めが効果的なのは女性に深く考えさせないからです。あまり考えないので今の快楽に集中できるます。

H. 医学調査によると、男性と女性が同じ現象を表すそうです。

オーガズムの時、大脳皮質の活動があまりないらしいです。つまり意識するというより原始的な脳の反応だけのようです。

I. 多くの女性はあげるのは好きですが、受けるのがあまり好きではありません。その場合、彼女に一緒にしていることで貴方はかなり興奮します。彼女に「僕を興奮(喜んで、なんでも良い)させてね」と言ってみましょう。

J. 他の問題点は日常のストレスです。

日本社会ではストレスがたくさんあります。例えば、仕事、仲間とのけんか、過去のまず出来事など、色々な悩みがあります。

K. どうやってそのストレスを解消するか?どうやって現在の快楽に集中させるか?

L. まず期待感です。彼女に始まる前に(例えば会う前に電子メールを送るなどで)
「君、今夜ね。新しいことをしてメチャメチャにしちゃうよ。」
と言ってみましょう。

彼女がもし M なら、「今夜、下着付けないでね」と言いましょう。 そうすると彼女は色々忘れていた事を思い出し、今夜楽しみたい心(ココロ)が蘇ってきます。特にパンティを付けないと・・ずっとエッチなことバッカリを考えるようになります。

M. もう一つ大事なことは腹式呼吸法です。

座禅や瞑想がよく使われ早漏防止でも使われます。体と心共にリラックスできます。

プレーが始まる前に彼女を寝かして目をつぶるようにさせます。腹から深い呼吸をさせて見て下さい。
「彼女に“完全にリラックスしてね、何も考えないで良いからね。これから二人の時間を大いに楽しもうね。」と言いながら、そしてプレーを開始します。

N. ちょっと変かなと思っても、不思議さやスピリチュアルな雰囲気を作ると女性は意外に期待感が出てそれでエッチなことに集中できるようになります。

現実な世界から快楽の世界に心のスイッチが変わる環境を 作ることが大事です。


このページの先頭へ