5回目のセックスデート 最高の快楽から支配へ




ここでは、最高の快楽から支配へとうつります。そして、これを繰り返します。 サンフランシスコクリトリスオーガズム法とオーガズム命令をします。

彼女に長いオーガズム状態を作っているが最終的に貴方の命令で彼女を逝かせます。心理的にこれが大きいです。

貴方の体で彼女をいかすより貴方の声で逝かせます。貴方の命令で逝かすのです。 彼女の脳にかなり刺激的です。

そして挿入へとうつります。まずゆっくりロマンチックセックスをします。 優しいロマンチック愛情ベッドトークです。枕当て正常位から普通の正常位でクリトリス責めポジションへとうつります。深い結合を感じさせます。

それで、そこから、かなり支配セックスへとうつります。彼女を鏡の前に移して、立ちバックをします。これは最高の支配ポジションです。

まずおマンコを犯しながら彼女の髪を掴んで(頭が真っすぐ見られる)自分の姿を鏡で見せて「僕の淫乱彼女は誰?僕のスケベな彼女は最高でしょう。本当にやらしい子じゃない。」と言いながらスパンキングを始めます。

スパンキングの目的は痛みではありません。 大きいな音を出すことです。 そして真正面より鏡に対して傾きをつくって立って下さい。
(つまり挿入場面が鏡で見られるように)

彼女の髪をまた掴んで彼女にまた鏡を見せて
「ほら彼氏があなたの濡れているマンコの奥にいるよ。スケベだね。」
と言います。

大半の女性は 5 分も興奮しすぎて立っていられません。完全に崩れてしまいます。その場合、優しくベッドに戻します。もうあなたは完全に彼女を支配しているのが明らかです。



このページの先頭へ