女性をロマンティックな気分にできる数百円でできるあるアイディアとは



私がよくやっているのは、ロマンティックな気分にさせることです。たとえば、バラの花を一輪だけ用意して、浴室のバスタブにバラの花びらを浮かせることです。

数百円の投資で女性は本当に喜びます。そのようなことをする男性に対して
「こんなに私のことを考えて用意してくれたんだ」
と感じるようになります。

女性が喜ぶようなロマンティックなことを準備しておくと、セックスだけの関係という女性の心配を解消できます。「私のこと」を考えてくれる男性は、自分の性欲だけで動いている男性と違うと感じるのです。

遊び人だと思われている男性が、なんだかんだ言っても女性とセックスすることができて、自分から切らなければセックスする関係が続くのは「私のこと」を考えてくれている感を与えることができるからです。

理性的に考えれば、「いろんな女性と遊んでいるからでしょ」と分かることでも、「私のこと」を考えてくれていると感じてしまうと、「遊びじゃない」と勝手に思い込んでしまいます。理性より感情が勝ってしまうのです。

このあたりが女性の考えていることが男性に分かりづらい一因です。頭でどんなことを考えていても、感情が別のことを感じていると、感情が勝ってしまうのです。

男性は、感情が理性に勝るのは、特別なとき以外はあまりありません。「ああいう遊び人は信用しないの」と言う女性に、真面目に対応していると、実際は遊び人がかっさらって行ってしまったりします。

遊び人になる必要はありませんが、「私のこと」を考えてくれている感じを与えることは、女性の「遊ばれるかも」の心配を解消するためにも大切です。ロマンティックな行動を準備しておくのは、とても重要です。

ちなみにバスタブにバラの花びらは、初めてセックスする女性にいつもやっても問題にはなりません。男性にとってはいつもやっていることだからただの手順のひとつだったとしても、女性側からすれば、初めてのロマンティックなことになります。

しつこいくらいワンパターンを繰り返す方が、慣れることで効果を高めることができてよいでしょう。



このページの先頭へ