プチSMプレイ!まずは目隠しをしてセックスしよう




私の好きなセックスの行動に「首絞め」があります。ほとんどの日本人男性は、セックスの最中に首絞めをしたことがないと思います。首絞めをすると、私は最高に興奮します。

だから、新しくセックスをするようになった女性に、首絞めをすることを提案します。首絞めを受けて、快感を感じるように変化させようとするのです。

しかし、最初から首絞めをしたりしません。そんなことをしたら、嫌われるだけでしょう。首絞めができようになるために、順番をおってSM的なセックスをしていきます。

まず私が提案するSM的なセックスは、目隠しです。目隠しをする布を持っていき、「今日は目隠しをしよう」と提案します。

その際に、目隠しをする理由も説明します。
「視覚という一番強い感覚を封じることで、他の感覚が敏感になるんだよ」

実際、目隠しをしてセックスをすると肌感覚が格段に強くなり、快感を感じる度合いも強くなります。

しかし、SM的なセックスを全然したことがない女性だと、目隠しにも抵抗を感じます。そんなときは、こう言います。
「もし、嫌だなと感じたらいつでもはずしていいから、試してみない?」

この言葉で女性にとってチャレンジするハードルは一段低くなります。それでもNoが返ってくるようなら、お隠しの布は使わすにこう提案します。
「それなら、目を閉じてセックスをしてみよう」

さらにハードルが低くなっていることが分かると思います。この提案に対して、いままでNoが返ってきた女性はいません。


このページの先頭へ