立ちバックのときに彼女のお尻を叩いてみよう




バックや立ちバックからセックスを始まった状態とします。彼女が逝きそうになったらお尻を叩く大きな音をだすようにスパンキングを開始して下さい。

こうすると音が大きい割に痛みが少ないです。これは決して彼女を殴ることではないです。大きな音を発してみることが目的です。

お尻の肉が多い所を叩くようにしましょう。スパンキングする時、手の平とお尻の間に空気が閉じ込められる感じにすると良い。

見た目は強烈な痛みを与えているようだが(少しの痛みは別に問題ない)これは強烈な彼女を支配している雰囲気が大事です。だから痛みじゃなくて大きな音が狙いです。

女性の反応が個人によって違います。ある女性は音が好きですけれど、一部の女性は音以上に痛みも好きな場合もあります。

彼女の反応を見ながら、調整して下さい。弱いスパンキングよりも、しっかりと強い力でスパンキングするよう頑張ってみて下さい。彼女は逝っている最中には、文句など言わないものです。
セックスの後でその印象を聞けば次回に調整ができます。



このページの先頭へ