エッチした後はデリヘル嬢のメールアドレスを聞こう

Hが終了した時点で女の子ともなぜか和んだ雰囲気になっていると思います。

これは試してみるとわかると思います。

もしも和んだ雰囲気でない場合は口説くのはやめてもかまいませんが、アドレスを聞いて損はないのでダメもとで聞いてみてもいいでしょう。

でもあまりにもそのような雰囲気でない場合はやめてもいいかもしれません。

そこら辺は経験で判断していくしかありません。経験を積まないと理解できない部分です。

要するに空気を読めということです。

それと稀にHがそれほど好きではない女の子の場合やなかなかイカない不感症気味の子もいます。

そのようなタイプの子も反応が悪いのでアドレスを聞く事ができないタイプです。

貴方が落とすと判断した場合には、メールアドレスを聞いてみてください。

メールアドレスというのがポイントだったりします。

「メールとかしようよ」

「メル友になろうよ」

「お友達になってよ」
など聞き方は色々あるので考えてください。
いきなり、
「外で会おうよ」
とか言うのはダメです。まずメールアドレスを聞いてください。

携帯のメルアドは簡単に変えることが出来ます。
番号は携帯を解約しなければ、変えることが出来ません。
よって番号を教えるのには抵抗がある女性が多いと思います。

悪用されるんじゃないか?などいろいろ警戒します。
私は男ですが変な奴に番号を教えて毎日ストーカーのごとく電話されたことがあります。

女の子ならなおさら警戒されます。

ある程度仲良くなっても、お客さんでもあるわけで、初対面です。
でも今の携帯電話は、赤外線通信という機能があります。
よってメルアドを交換するとしても、赤外線機能を使えば、自然と番号も交換することになります。

よって
「メールしようよ」
「メル友になろうよ」
とか
「よかったらメアド教えて」
と言えばOKです。

メールなら女の子の抵抗感も薄いです。

そして打ち込むのは面倒だから赤外線で交換って話になります。

教えてくれた場合は、
「営業メールとかするの?」
とか
「これってプライベート用のアドレス?」
とか私は聞くようにしています。

「営業メールとかはしないよ」
などと答えてくれます。

この会話のやり取りをする事で、お客としてのスタンスで対応しているのか?外で会う気があるのか?判断できます。

できればここで、
「じゃぁ今度飲みに行こうよ」
と誘ってみます。
具体的な日まで決めてしまえばほぼ会えることは間違いないでしょう。

慣れないうちはここまでスムーズにはいきませんので、最初はアドレスを聞く事を目標にしてください。

私もこの流れを確立するまで試行錯誤しました。

連絡先を聞いたら、とりあえず頻繁に連絡を取るようにして下さい。

とりあえずその日のうちに、最初のメールはしてください。

「楽しかったよ・・・・」
「今日はありがとう」
的な事でOKだと思います。

あまり長すぎるメールは嫌われる傾向があるのでメールの長さは適度にしてください。

携帯の画面でスクロールしないで見れる程度の長さくらいが丁度いいと思います。

アドレスだけ聞いている場合は飲みに行くことを目標にメールします。

「今日は仕事なの?ガンバってね」
など普通にメールしてください。

冗談とか笑わせたりする必要はありません。

普通のメールでいいのです。そして
「今度のみに行こうか?」
などと誘ってみます。

OKの返事をもらえたら、いつ会うのか会う日を決めます。

真剣に口説きすぎるのも良くないともいますので軽い感じで誘ってみればいいでしょう。

重すぎる感じでは女の子も怖がります。

そしてダメ元で軽い感じで誘えば、断られたときのショックも少なくてすみます。




サブコンテンツ

このページの先頭へ