自分のテクニックが未熟だから?セックスのときに喘ぎ声を出して貰う方法



彼女がまったく声を出さないとつまらないものです。どうすればセックスの時に声をだしてもらえるのでしょうか。

まずはセックスをしているとき、声を出すと男性は嬉しいをいうことを知ってもらうこと。そして、声を出すことは「はしたない」とこではなく、より刺激的なセックスをするためには絶対的に必要なことだと知ってもらうことです。

そのために、まずは男性からお手本を見せることをお勧めします。男性が声を出すのです。女性が愛撫したとき等、気持ち良いと感じたときにこんなことを言ってみます。
「あ~、とても気持ちがいいよ」

女性が声を出すのが「はしたない」と思っているのと同じように、男性が声を出すのも「カッコ悪い」と感じている人も多くいます。声を出すときは、射精する一瞬の「うっ」だけの男性も多くいます。

男性が「気持ち良い」と声に出すことで、女性は愛撫することが楽しくなります。愛撫をしても、気持ち良いのかどうか分からないのでは、愛撫する楽しさが半減してしまいます。

だから、男性も気持ち良いと感じたら積極的に声を出しましょう。 すると、女性は男性を気持ち良くできたことを知ることができ楽しさを感じます。

同時に、声を出すことが「はしたない」ことでも、「カッコ悪い」ことでもないことを実地で知ることができるのです。

それをしてから、女性に声を出すことを勧めます。
「ここ気持ちいいでしょ」
「うん」
「気持ち良かったら、声を出して欲しいな。我慢して欲しくないんだ」

男性が気持ち良いときに声を出していると、男性が望んでいるのに声を出さないことが悪いことに感じてきます。声を出すことが「はしたない」から、より気持ち良いことを追い求めるために必要なことだと理解していきます。

それでも最初は声を押し殺してしまうかもしれませんがだんだんと気持ち良いことを声に出して伝えるようになってきます。


このページの先頭へ