3回目のセックスデートプラン 少し支配的な面を見せよう



そろそろ、ちょっと支配の面を出すようにします。 部屋に入ったら、彼女の手を掴んで(掴んた手を彼女の頭の上に置いて) 壁に彼女を押して(激しくはダメです。やる時に壁に近い状態から始めます) 激しく彼女をキスして下さい。

そしてちょっと離れて「君、今日すごく素敵だよ。ちょっと冷静な気持ちを失った。ごめんね」と言います。

つまり彼女のせいで貴方は彼女を奪うと相手に思わせたいのです。きっと彼女は笑いながら許してくれるでしょう。でも、貴方は彼女を奪えるような雰囲気を作ることができました。

セックスの流れ
彼女に前戯をしてからクンニを始めようとします。その時に目隠しを出して、付ける前に「目隠しすると、気持ちいい感覚に集中できるよ。」と言うと、大体、6 割の女子は目隠しをすることに OK してくれます。

反対する女子は「SM に興味ない。」と言います。

でも、そう言われたら、
「SM じゃないよ。いつでも目隠しをとれるよ。」
と言うと、その時点でほぼ確実に従ってくれます。それでもダメなら、目隠しをする代わりに、目をつぶってもらうことに納得させましょう。

ここで SM プレーより彼女に(優しい)命令を従わせことるが目的です。そして、従うともっと感じさせられることがあなたから彼女へのプレゼントです。

目隠しが始まったらと彼女に「深く呼吸してね。お腹から呼吸して。そうすると深くリラックスできるよ。」と言いましょう。

深い呼吸はリラックスに繋がります。リラックスしている子は深く感じます。 そして、目隠ししながらブルブルクンニして下さい。

彼女をよく褒めて下さい
(目隠ししているから緊張する子がいます。)

段々、
「おマンコ濡れてるよ。クリトリスが大きくなっているね」
のように、やらしい言葉を入れていきます。

そして、途中でクリトリスを刺激している手の代わりに電マにスイッチを入れます。

彼女に
「何回もイッてもいいよ」
「(彼女の名前)がイクと僕の愛情を感じる」
「(彼女の名前)がイクと顔が輝くよ」
と伝えます。

彼女の胸を触る時に、
「乳首が固くなってるの大好きだよ」
と言います。

おマンコを触り、
「もう濡れてきた。どうしてかなあ。」
と言って下さい。

そして、本番へうつります。スケベの言葉は徐々に使うべきです。

挿入してから
「(彼女の名前)、僕のやらしい彼女だ」
と言います。

彼女はスケベな女、またやらしい彼女だとは言いません。 「僕のスケベな女性」や「彼氏のやらしい彼女」。

つまり貴方が彼女の持ち主だと主張するのです。刺激する上に感情を増やします。

ここで刺激から一転、優しくして下さい。正常位でクリトリス責めポジションにスイッチします。このポジションの動きがゆっくりです。さらに顔の位置は彼女の顔から数センチだけの距離に保ちます。

本番しながら彼女にキスして「君はとても素敵、大事、美しい」など言いましょう。 「(彼女の名前)と一緒にいると幸せ」つまり、このポジションがスローロマンチックセックスです。

いいところに当たります。このポジションは 7 割の女子は好きですが、他のポジションより刺激が薄いので 5 分後で変えるのほうがいいです。

他のポジションは、何でもいいですが、もっと刺激があるものにしましょう。3 割は、このポジションが最高と感じます。そう感じる彼女には、少なくても 10 分はやってください。

深いココロとカラダの結びができるポジションです。次のポジションでちょっとスケベな言葉を使うの方がいいです。スローから刺激へ、混ぜることが大事です。



このページの先頭へ