マンネリ化したセックスを脱出するために




刺激的と感じさせるためには、ワンパターンのセックスになることは避けなればいけません。相手の女性と初めてセックスするときは、お互いにどんなセックスをするのか分からない状態にあります。

そのため、男性からするといつもと同じことほしていても、女性には新鮮に映ります。

しかし、何度もセックスをしているうちに、相手のセックスのパターンが分かってきてしまいます。それにつれて刺激は減っていきます。

刺激的なセックスとはワンパターンなセックスの反対側にあります。いつでも、女性が「こんなことをするんじゃないか」という想定を良い意味で裏切り続ける必要があります。だから、刺激的なセックスをする上で想定外の行動が大切です。

想定外の行動というとどんなことが思いつくのかは人によってそれぞれです。たとえば私なら、少々アブノーマルなセックスにも興味があります。さきほど上げた首絞めもそうですし、アナルも、外でのセックスも興味があります。その興味に基づいて、セックスをすることは多くの女性の想定外になります。

ただし、単にアブノーマルなセックスに興味があるだけでは駄目です。あくまでも、アブノーマルなセックスに直接興味がない女性でも、アブノーマルなセックスにリードできなければいけません。

そのためには、嫌がる女性に対してハードルを下げた提案ができることが必要だと説明してきました。単にアブノーマルなセックスをしたがるだけでは、ただの変態と思われレッテルが張られるだけです。

女性が拒否することを、あらかじめ想定しておき、その場合の対処も考えておくこと。どんな反応が返ってきても、自分が望む方向へとリードできるようにしておくことが求められます。

女性に想定外な行動をするためには、男性は女性の反応を想定内にするために、あらかじめ考えておくことが必要です。

たとえば、アナルをしたいと思っているなら、いきなりアナルに入れようとすると、うまくいきません。アナルは女性の協力なしにできないものですから。ただ、普通にアナルを提案しても、拒否される可能性が高いです。

そのため、最初はちょっとだけ指入れからスタートします。
「すこしだけ指入れてみるね。痛かったら言ってね」

こんな提案を持っていれば、アナルができる可能性は格段に増えます。想定外の行動というと、奇抜な行動をイメージしがちですが、奇抜な行動をちゃんとセックスの中に組み込むためには、女性がどんな気持ちになるのか、どんな反応をするのか多くのパターンの想定ができるようになっておくことが必要です。


このページの先頭へ