結婚するとセックスレスになる理由




残念ですが日本で結婚するとセックスライフがダメにする可能性が高い。男性から「家族」や「お父さん」になります。いいセックスライフには「家族」と「お父さん」はダメな言葉です。

いつも男性です。いつも雄ですということが必要です。結婚などの長い関係において、セックスの優位性について話してみましょう。

長い関係の最も大きく有利な点は、貴方は没頭することについてもはや心配が無いことです。なぜなら二人はお互い長い事ずっとセックスしており、お互い快適であるはずだからです。自然にリラックスしていられます。

このお陰で、彼女はさらに興奮するセックスの形にもオープンです。彼女がよくしらない男性とはやる必要がありません。二人はお互いの身体になじみがあってよく知っており、お互いの身体を喜ばせる方法を知っています。

最後に、格好つける押す力もないです。貴方が、彼女が長いことそこにいるのを知っていて、1つの悪い性的なパフォーマンスもひどく貴方を傷つけることもないでしょう。

しかし、ながら、また、貴方が長い間柄で直面している 2 つの主要な難しい問題があります。これらの落とし穴を避けるのに慎重が必要です。

そうでないなら、貴方がベッド以外で例え正しいことをしていても、彼女が何年も後には貴方と全くセックスしたがらないほどになります。何故なら貴方とのセックスが着実に退屈で新鮮でないことを身を持って知ってしまうからです。

貴方の最初の挑戦する対象とは、非常に簡単に先が読めてしまうようなマンネリセックスや長い間柄や結婚生活が非常に退屈な場合に対してです。従って、特に 2 人が一緒に生活して子供がいれば、特に貴方が毎日毎日同じ行動をキチンとするルーチンになるのは非常に簡単です。

少しテレビを一緒に見て、ベッドを用意して、夕食を取って、帰って来て、出勤して、学校に子供を送り出し、また時が来て目覚めることを思い出して下さい。

そして、毎日の終わりに、決まってセックスのための割り当てられた時間帯が来ます。同じパターンの繰り返しです。 ここで重要なことの1つに、多様性があったことを思い出して下さい。

予測できるのは、ベッドの中での退屈な時間です。いつも毎日毎日同じ場所で、同じ時間に同じセックスをしている人たちにとって、長い関係でセックスのパターン化は自然ななりゆきかも知りません。

もし貴方がこの状況をこのまま放置すれば、間違いなく彼女はセックスへの興味を失うことになるでしょう。そこで貴方は先が分かってしまう繰り返しのルーチンとも闘わなければなりません。

貴方の関係を常に新鮮で興奮するものにするために、多様性と新しい方法を付け加えなければなりません。貴方が長い間に直面している第 2 の難局は、お互いセックスに対して暗黙の圧力があるということです。

このため長い間に二人が合理的、論理的で分別があることが、行動的なセックスを維持することですように考えるかも知りません。

しかし、これはセックスへの動機付けの要素ですように見えて
実は正反対です。覚えておいて下さい。人間は性的に火がつくことは、普段禁じられていることです。あまり強く願望するべきではないこととか、何かタブーのようなことがあっても、性的に引き付けられるために必然的に私たちの魅力を強い欲望になるまで増加させるだけです。

そうでないと私たちの性的な魅力のレベルは実際に減少します。貴方がそれに注意を向けないと、長い間柄で貴方にとって不利に作用するでしょう。

いつも多様性を加え、彼女がセックスする時バリアをはり長い関係の魅力を殺すような押す力にも打ち勝たなければなりません。言い換えれば、無理に感情的なレベルでセックスするように貴方が彼女に働きかけねばいけません。貴方とのセックスをするのが単に義務だとしないようにすること。


このページの先頭へ