ボルチオを開発する!ボルチオの触り方を教えます




できれば、指を2本使った方が良いです。 ディープスポットに指をセットしたら、指をそこにひっかけるようにして、マッサージするように押したり、押す力を弱めたりすることを繰り返すようにします。

擦っては、だめです。あくまでも、指の位置は、そこに固定するようにして行います。

徐々に押す力を強くしていきます。不思議なことに、かなり力を強く入れながら押しても平気です。むしろ、力強く押した方が、女性の感じ方は良いようです。

最初からディープスポットが感じない女性も中にはいます。でも、大事なのはディープスポットの開発です。開発されてくると、もうその女性は貴方の奴隷状態になります。

先ずはディープスポットを集中して責めて下さい。そこだけは、結構強く押しても痛いとはならないずです。でも爪は短く切っておきましょう。

相手の反応を見て良くなって来たとわかったらやさしくしないで下さい。少しづつ、少しづつ強く責めるようにして下さい。 具体的には、指 2 本を膣に入れて、指の先で指圧します。指の先の腹で、マッサージすることが大事です。

まず、下向きで 2 本指をゆっくり入れてください。つまり、膣壁の下の方に当たります。 入れたら、上向きに指を回してください。 でも、直接上向きに入れると痛い場合があるから注意してください。

またはピストンのように指の腹で突く様にします。 同時にクリトリスも他の指でまたは舌で責めるようにすると効きます。 ディープスポットのすぐ奥にあるコリコリとした部分です子宮口も結構、感じやすいです。

大体の女性は、興奮が高まると、子宮がしだいに下がってきます。 ディープスポットの責め方として、「子宮口」の周囲をぐるぐると、ソフトにかき回す方法が効果的な女性もいます。

子宮口の周りは興奮してくると基本的にとても感じやすくなります。

また男女の間で「ラポート」(信頼関係、どれくらいお互いに心地よく感じることができるか)があるかどうかも女性をイカセルのに大事な要素となります。

また、女性を女をうつぶせにしてバックから指を挿入すると、刺激が上手く強くできるかもしれません。 手のひらが上向きでなく、下向きになるので男性の負担も減り、力も入りやすいです。

あと貴方がベッドに座った姿勢で、女性と向かい合うようになり、下から膣に指を入れて刺激するのも効果的です。



このページの先頭へ