勃起しないならバイアグラを使うのも一つの手



適度なアルコールを SEX の前に飲むことでリラックスできます。ただし、飲みすぎは、逆効果です。

パートナーに貴方が、例えば、挿入する時に、起ち難く失敗しやすいとか、おもいきって相談してみるのも一つの手です。思い切って相談することで、精神的な押す力が減るでしょう。

 新しいパートナーとの SEX だとよく失敗しやすい方がいます。もし、上手くいかなかったら、思い切って正直に「俺、最初は上手くいかないんだ。」みたいなことを言うと気持ち的に楽になるでしょう。

 いざ本番になった時に、今までに失敗したことがあって、また、いざって時に起たなかったらどうしようとか考えていると、失敗する可能性が高いです。

これは、難しいことかもしれませんが、極力、失敗することを考えないようにした方が良いです。 自分を興奮させていき、できるだけ SEX に集中するようにしましょう。

冷静になると余計なことを考えすぎて、また失敗したらどうしようとか考えてしまうかもしれません。とりあえず、一回、その相手と H ができれば(上手くいかないを問わず、挿入できれば)、後は、比較的、上手くいくという方が多いです。

自信をつけることが大事です。 挿入する時にあまり焦って入れようとしない方が良いです。焦れば、焦るほど、失敗しやすくなります。とりあえず、亀頭だけでも、正しい場所に、ゆっくりと入れていくようにしましょう。

ペニス全体を挿入しようとせず、まずは、亀頭だけを膣の中に入れて、膣の温かさを感じようとすることは挿入を成功させる手段の一つです。 前戯を長くすると、勃起が衰えてしまい、後で上手くいかなくなるという方がいます。

覚えておいて欲しいことは、普通は、自分自身を興奮させないとまたペニスに刺激を与え続けないと(自分で擦り続ける、女性に障ってもらう、フェラしてもらう、69を行う)、勃起が衰えてしまうのは、
普通のことです。

女性にオーラルセックスを長くすると、勃起が衰えてしまうという方がいますが、オーラルセックスを与えるのに、集中するのは、当然なことで、その時に、勃起をしている必要はないと思います。

もし、オーラルセックスをした直後に挿入したいなら、オーラルセックスをしている間、自分のペニスを女性の足に擦りつけるとか、自分で刺激を与え続けるとか、同時にフェラしてもらったりすれば、勃起を保つこともできるでしょう。

女性にオーラルセックスをした後、女性にフェラしてもらってまた勃起させてもらっても良いでしょう。

・自分に自身をつけるためにバイアグラを使って SEX することも一つの手段ですが、癖になり過ぎないようにしましょう。

心理性勃起不全の患者を治療している医師によっては、患者にバイアグラと一緒に精神安定剤を処方する場合があります。

心理的なことが原因で SEX する時に、勃起が上手くいかない方は、自分でいろいろと挿入時等の心配をしているケースが殆どなので、精神安定剤を飲むことで、リラックスして、不安なことを考えなくなるようになるので、バイアグラと一緒に服用することでより上手くいきやすくなるようです。

バイアグラを使ったからといって 100%セックスが上手くいくということはありません。バイアグラを使っても、勃起を得るには、相手の裸を見るとか、自分のペニスを触ったり、触ってもらったりしたりすることが必要です。

このことは、他の精力剤を服用する時にも言えることです。



このページの先頭へ