刺激的なセックスとはAVのようなセックスとは違う



刺激的なセックスをしようとすると、多く男性がAVのようなセックスをイメージしてしまいます。もちろん、AVは観ている男性を 興奮させるためにつくられているから、刺激的なセックスをしています。

しかし、それは女性にとっての刺激的なセックスではありません。一番の違いが、女性をイカセまくろうとするところです。 男性には、競争心理が強く内在しています。他の男よりも、自分が優秀なことを見せつけ、女性の関心を買うことをしたいと感じます。

これは、セックスをする前には有効な心理ですが、セックスをする立場を勝ち得た後では、却って最高のセックスをすることを阻害する要因になります。

セックスをするときも、女性をいかに感じさせるかという競争をしてしまうのです。女性を感じさせるためには、自分の感じることは二の次になったりします。男性の競争心理に対して、女性には協調心理があります。一緒に仲良く過ごすこと、それが協調心理を満足させます。

「いかにこの女性をイカセてやろうか」
そんな目で女性を見ると、女性の協調心理は不快な感じを受けます。

AVを観て女性に潮吹きをさせたいと思って、いろんなテクニックを憶えて実践すると何が起きるのでしょうか? 正しいテクニックをマスターすれば女性に潮吹きをさせることはできるでしょう。

でも、潮吹きをさせた女性からどんな言葉が出てくるのかといえば、「サイテー」って言葉だったりします。女性が求めているセックスというのは、「いかにイカセるか」というセックスからは遠いところにあります。

救世主のセックスをマスターしようと思うあなたには、正しい刺激的なセックスの目指す方向を理解しておいてください。


このページの先頭へ