セックスの最中に痛みを与えるときの注意点3つ



大変不思議な現象です。セックスの最中において、女性にある痛みを与えると女性のオーガズムに対する快楽が倍増します!こんなことを聞くと読者は驚くでしょうね。

勿論、殆の痛みはセックスをだめにすることが多いのです。しかし、ある限定した痛みを適切な時に与えると女性は予想に反し快楽が増加すると感じるのです。

先ず女性はセックスをしている間に支配されているのことを好みます。そうしてあげれば、彼女は興奮します。普段は、痛みというのは良くないしタイミングが悪いと(当然ですが)女性は怒ることもあるでしょう。

様々な注意点
1.大半の女性はこの痛みのテクニックに感じます。しかし、一部の女性には感じないです。だから色々な攻め方に挑戦して下さい。もし、彼女が良い反応がない時には無理はしないで下さい。

2.女性が痛みに応じるとは言え、それぞれ個人差があります。例えばある女性はは乳首を挟んですることが大好きかもしれません。しかし、同じ彼女でもアナル刺激は嫌いということもあります。

ある女性はちょっとだけならアナルに凄く反応しても、胸攻めには全く反応をしないこともあります。

色々試して彼女の好きなことを繰り返し探してみて下さい。 しかし、嫌いと反応したらやめて下さい。

3.やり過ぎもいけません。いつでもいろんなやり方をしてみることが大事です。いつも痛みを使うのではなく、たまにやってみることが良いスパイスとなります。

一番大事なことは彼女が痛みに応じているというよりも貴方からのリードで支配されている行為に興奮しているのです。肉体の興奮よりも心理的な面での現象と言えます。

大好きな彼氏が彼女の全てを奪ってくれることに感激するのが女性の本音です。



このページの先頭へ