アナルセックスをする前に知っておくべきこと




女性に、アナルセックスの話を持ち出してもなかなか受け入れてくれないかもしれません。多くの女性は、アナルセックスが痛いものだと信じきっています。

しかし、痛さを気にしているのだとしたら、そんなに心配することはありません。アナルセックスを行うキーは、充分なローションを使用することと、優しさです。

アナル内部には、膣やペニスのように多くの神経がたどり着いるので、アナルは、性感帯の一つです。直腸への挿入を行うことは、女性によっては、膣へ挿入を行うのと同様にとても気持ちが良いそうです。

アナルへ深い挿入を行うことが、G スポットへの刺激につながることもあります。アナルセックスを行う前に以下のことを確認して下さい。
・ 彼女がアナルセックスを行うことに同意しているか。
・ 彼女がアナルセックスをコントロールするか。

もし、彼女が完全にリラックスしていなく、貴方が無理に、アナルに挿れようしているのなら、彼女は、強い痛みを感じるでしょう。

しかし、正しくアナルセックスを行えば、彼女は、今まで味わったことのないような究極の気持ちよさにびっくりするかもしれません。ペニスをアナルに挿入しながら、指を膣に入れることで、同時に刺激を与えるととても効果的です。

また、現在、彼女とのセックスライフがマンネリ化しているのなら、アナルセックスは、マンネリ化を抜けるきっかけになるかもしれません。

アナルセックスを行うときに大事なことは、愛情をもって優しく行うことです。ローションは、常に、使います。また、たとえ、彼女が病気を持っていないとわかっていたとしてもコンドームは、使うべきです。

直腸の中には、病原菌が多くいて、それらの菌が、ぺニスを腫らせたり、感染させたりする可能性があるからです。アナルの内部は、伸縮性のある膣の内部と違い、皮膚がもっと薄く、傷がつきやすいです。

長く前戯を行うことは、彼女をリラックスさせるために重要です。もし、彼女がちょっとでも不安をもっているのなら、無意識に括約筋を締めてしまうかもしれません。

そうすると、挿入しに難いばかりか、彼女も痛い思いをしてしまいます。 前戯をした後、または膣へのセックスをした後に、ローションを指にとって、アナルに指を入れていきます。

指は、ゆっくりと動かすようにし、指を出したり、入れたりを繰り返します。彼女がリラックスしているか彼女の気持ちが高まっているか様子を見ながら行います。

指を入れた後は、ペニスを入れることになるので、指の太さがペニスの太さと違うことを考慮します。一本指を入れた後には、2本指を入れてみて、様子をみても良いでしょう。

指の爪は、短く、尖ったところがないように前もって切っておきましょう。彼女にペニスを挿入しても OK な様なら、お尻の割れ目辺りにローションを優しく塗っていき、ゆっくりとペニスの先をアナルに挿入していきます。

ペニスの先をアナルに入れたら、そのまま、一旦、動きを止め、彼女にリラックスさせる時間をもたせます。 大丈夫だと思ったら、ゆっくりと中へいれていきますが、彼女が慣れるまで、ゆっくり入れていき、また、様子を見て必要と思ったら、ペニスを制止させた方が良いかもしれません。

女性の気持ちを考えると、挿入行為は、優しく、ゆっくりとおこなうべきです。時間をゆっくりかけて、早い動きをしないように行えば上手くいくでしょう。

ちょっとでも、痛みや不快感があれば、すぐに、声に出して言ってもらいましょう。彼女がアナルセックスに慣れるまで、優しく、ゆっくりと行えば、彼女のお尻はじきに挿入行為になれてきて、気持ちもよくなってきます。


ワンポイントアドバイス:)
アナルセックスを行う時に、どの体位で行うかは、女性に任せた方が良いでしょう。多くの女性は、自ら挿入のスピードをコントロールできる騎乗位を好みます。

正常位、バック、側位どの体位が良いかを選ぶのは、相手の女性に選ばせましょう。




このページの先頭へ