舌を使ってお尻を愛撫しよう



背中を責めた後は、折角女性がうつ伏せになっているので、そのままお尻に舌を使って愛撫しましょう。

その後は、太ももをマッサージしてあげ、女性器の周辺への血液の循環を高めてあげ、より感じやすく濡れやすくしてあげます。充分に太ももをマッサージしてあげた後は、女性器の周辺を人差し指、中指、親指を使って指圧マッサージして下さい。

まだ女性器にはあえて触りません。あくまでも女性器の両サイドの部分を指圧します。たっぷりとじらして下さい。

焦らせば焦らすほど期待感が高まり女性は我慢できなくなり、その分一層濡れてきます。



このページの先頭へ